最年少でシード権を獲得し、若い頃から活躍した宮瀬博文選手

宮瀬博文選手は1971年生まれ、7歳の時よりゴルフを始めた千葉県出身のプロゴルファーです。
天羽中学卒業後の1989年にプロテストに合格しまし、同年のサントリーオープンでツアーデビューを果たします。
鷹巣南雄選手に師事し、力をつけていきました。
1992年には賞金ランキングによるシード権を獲得します。

21歳でのシード権獲得は、当時の最年少記録でした。
1997年の札幌とうきゅうオープンを制し、レギュラーツアーで初優勝を達成します。

1999年には住友VISA太平洋マスターズで優勝、2000年には三菱自動車トーナメントと三菱自動車トーナメントで優勝しています。
レギュラーツアー二勝を上げた2000年には、賞金ランキングで6位を記録しました。

しかしその後は順調にはいかず、故障に悩まされるシーズンを送ります。
2001年には腰痛を発症、2002年には右ヒザ半月板損傷で手術を行い、優勝から遠ざかってしまいました。

しかし2003年にはつるやオープンとマンシングウェアオープンKSBカップで2勝を記録し、復活をアピールします。
2004年にはアメリカPGAツアーに挑戦するものの、シード権を獲得することは出来ませんでした。

そして2005年には過去最大の不振に見舞われ、この年の賞金ランキングは94位であり、1992年以降キープしていたシード権を失ってしまいました。
2007年には中日クラウンズをプレーオフで制して優勝しています。

2010年以降は成績が下降しており、2013年にはチャレンジツアーを中心として戦いました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ