星野英正選手はアマチュア時代に多くの記録を作ったゴルファー

星野英正選手は1977年生まれ、宮城県出身のプロゴルファーです。
本格的にゴルフを始めたのは13歳の時であり、中学生時代には日本ジュニアゴルフ選手権競技で上位に入る活躍を見せました。
中学卒業後は仙台育英高校に進学し、東北アマチュア選手権で三連覇を達成します。
東北福祉大学進学後にも東北アマチュア選手権を制しており、1993年から1997年にかけて五連覇を成し遂げました。

大学在学中に日本アマチュアゴルフ選手権競技で三度優勝、朝日杯全日本学生選手権で二度優勝をする等、アマチュア時代に大きな活躍を見せた選手です。

大学卒業後の2000年にプロテストに合格し、同年のキリンオープンでツアーデビューしますが、五戦連続で予選落ちとすぐに結果は出ませんでした。

2002年には安定した活躍を見せ、賞金ランキングで51位に入ります。
初めての賞金シードを獲得し挑んだ2003年の中日クラウンズでツアー初勝利を飾りました。

2006年にはコカ・コーラ東海クラシックで2勝目を上げ、この年は出場した試合全てで予選を突破と抜群の安定感を発揮し、賞金ランキングで8位に入りました。

2008年にはUBS日本ゴルフツアー選手権で国内メジャー大会初勝利をあげます。
しかし、それ以降は調子を落としており、優勝はありません。

2010年には腰痛が悪化したこともあり、シードから陥落してしまいます。
2011年にはシード権を再び獲得するものの、2012年は再度シード権を失っており、成績が安定していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ