古田幸希選手はアマチュアながら高い知名度を誇るゴルファー

古田幸希選手は1992年生まれ、青森県出身のゴルファーです。
父の影響により、3歳の時からゴルフを始めました。
2004年の「全国小学校ゴルフ選手権 夏大会」で優勝したのを皮切りに、アマチュアの大会で快進撃を続けます。
2007年には全国中学校ゴルフ選手権で優勝しました。

石川遼選手と同じ時期に注目を浴びたたために、「ぽっちゃり王子」との愛称がつけられました。
この時期にはバラエティー番組に出演することも多く、プレー以外の面でも名前が売れることとなります。

青森山田高等学校に進学後も、数々のアマチュアの大会で優勝しました。
2007年と2008年にはJGA男子チーム・ジャパン・ジュニアとして日本代表に選ばれたこともあります。

アマチュアながら、2008年にはサン・クロレラクラシックでレギュラーツアーデビューを果たしました。
その後も何回かレギュラーツアーに参戦していますが、大きな結果は残していません。

青森山田高等学校を卒業後は東北福祉大学に進学し、東北アマチュアゴルフ選手権などで勝利を上げています。
一時期ぽっちゃりとも称されていた体格については、大学進学後には体重が落ちており、当時の面影はあまり残っていません。

2013年にはJGA男子ナショナルチームのメンバーに選ばれました。

ドライバーショットでの飛距離は平均270ヤードであり、遠くに飛ばす力が特に優れていて、今後の動向に注目が集まっている選手の1人といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ