広田悟選手は元ヤンキーという経歴を持つゴルファー

広田悟選手は1973年生まれ、山口県出身のプロゴルファーです。
ゴルフを始めたのは13歳の時であり、宇部市立厚南中学校を卒業後の1995年、22歳の時にプロテストに合格しました。
中学卒業からプロ入りまでに空白の期間がありますが、この時期にはバイクを乗り回す、いわゆるヤンキーをやっていたと後に本人が語っています。
ヤンキーは18歳の時に卒業し、19歳の時から本格的にプロを目指していました。

1997年の宇部興産オープンでツアーデビューを果たします。
ツアーに参戦してすぐに活躍出来たわけではなく、しばらく勝てない時期が続きました。

しかし、2002年にはチャレンジツアーのアイフルチャレンジカップ・スプリングで優勝したこともあり、初の賞金シードを獲得しました。
翌年にはシード権を失ってしまいますが、2004年には再びシード権を獲得します。

そして2005年のマンダムルシードよみうりオープンでレギュラーツアー初優勝を飾りました。
以降は2010年頃まで安定した活躍を見せるものの、勝ち切れない年が続きます。

2007年の日本プロゴルフ選手権大会で2位、同年の三菱ダイヤモンドカップゴルフで2位、2008年のマイナビABCチャンピオンシップでは3位と良い位置にはつけるものの、優勝には至っていません。

2007年には賞金ランキングで24位を記録しており、これが自身の最高順位です。

2010年以降はやや順位が低下していますが、2012年には、2004年以来のチャレンジツアーに参戦しており、トーナメントにこだわり続けている選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ