手嶋多一選手は1999年の優勝以降安定した活躍を見せているゴルファー

手嶋多一選手は1968年生まれ、福岡県出身のプロゴルファーです。
7歳と小さな頃よりゴルフを始めており、中学時代から高校時代にかけて九州ジュニアゴルフ選手権で四回優勝する等、学生時代の時からその実力の高さを発揮していました。
田川高等学校を卒業後はアメリカに留学し、東テネシー州立大学を卒業し、1993年にプロテストに合格しました。

1994年のミズノオープンでツアーデビューを果たしますが、なかなか勝ち切れない日々は続きます。
しかし1996年には始めて賞金シードを獲得し、着実に実力を上げていきました。

1999年の最終戦であるファンケル沖縄オープンで初優勝を上げ、2000年以降も安定した活躍を見せ、トッププロの仲間入りを果たすこととなります。

2001年には日本オープンゴルフ選手権競技で国内メジャー大会を初制覇して、この年は賞金ランキングで4位を記録します。

2003年にはアイフルカップで優勝、2004年には日本ゴルフツアーの選手会長を務め、2006年にはアンダーアーマーKBCオーガスタ、ブリヂストンオープンゴルフトーナメントで二勝を記録しました。

2007年には欧州ツアーに参戦して、欧州ツアーでのシード権は手に入らなかったものの、国内でカシオワールドオープンゴルフトーナメントで優勝する活躍を見せました。

この2007年を最後に優勝こそ途絶えていますが、その後も第一線で活躍を続けており、賞金ランキングによるシード権をキープし続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ