高山忠洋選手は腱鞘炎に悩まされているものの高い実力を誇るゴルファー

高山忠洋選手は1978年生まれ、和歌山県出身のプロゴルファーです。
高校時代は野球部に所属しており、ゴルフを始めたのは18歳の時と遅めのスタートでした。
高校卒業後は法仙坊ゴルフ倶楽部で研修生となり、プロを目指します。
そして始めてから3年目の1999年にはプロテストに合格しており、2000年の中日クラウンズでレギュラーツアーデビューを果たしました。

1999年から2002年にかけてはチャレンジツアーにも参戦していますが、2002年にレギュラーツアーで初めてシード権を獲得して以降はチャレンジツアーには出場していません。

すぐに優勝とはなりませんでしたが、実力をつけていき2005年には東建ホームメイトカップで初勝利を上げています。
同年にはアジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントでも優勝し、全英オープンに出場する等、躍進の年でした。

しかし2008年には腱鞘炎により、戦線離脱することとなります。
2009年には怪我から回復して復帰し、2010年のサン・クロレラクラシックで五年ぶりに優勝を果たしました。

2011年にはカシオワールドオープンゴルフトーナメントと東建ホームメイトカップで二勝を上げ、賞金ランキングは男子2位を記録します。

2012年には更なる活躍が期待されたものの、腱鞘炎が再発したため、苦しい戦いを強いられました。
それでもシード権は守っており、2013年は優勝こそないものの安定して賞金を獲得しています。

万全の状態ならば、国内男子でもトップクラスの実力を持った選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ