ゴルフの英才教育を受けて、2010年よりプロに転向した薗田峻輔選手

1989年生まれ、東京都出身のプロゴルファーが薗田峻輔選手です。
シングルプレーヤーを父に持ち、3歳の時からゴルフの英才教育を受けて育ちました。
中学生の時にはゴルフ留学の為にオーストラリアで暮らしていたこともあります。
帰国後は杉並学院高等学校を経て明治大学に入学しました。

ゴルフ部で活躍を見せますが、在学中の2010年にプロへと転向します。
同年の「全英への道 ミズノオープンよみうりクラシック」で初勝利を上げました。

ツアーデビューから僅か5戦目でのことです。
フジサンケイクラシックでは先にプロ転向を果たした、高校時代の後輩である石川遼選手と優勝争いを行い、プレーオフまで勝負が縺れます。

この時に薗田峻輔選手は旗にボールを当ててカップに入れる、漫画のようなショットを見せ大会は盛り上がりました。
結果は敗北で終わりましたが、より注目を浴びることとなります。

2010年は初参戦ながら賞金ランキングで10位に食い込み、高い実力を遺憾なく発揮しました。
またこの年には全英オープンにも参戦しています。

2011年以降の飛躍が期待されましたが、2011年、2012年と勝利はありません。
2013年に「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」で2勝目を上げました。

日本オープンゴルフ選手権競技では一時首位に立つ等、他にも多くの見せ場を作っています。
フリーで活動していますが、プロ転向後の早い時期からライセンス契約、そしてスポンサー契約を結んでいて、今後に期待が持てる選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ