佐藤精一選手は1960年代、1970年代に活躍し、自己流ゴルフで知られている

佐藤精一選手は1932年生まれ、大分県出身のプロゴルファーです。
ゴルフを始めたのは18歳の時であり、我孫子ゴルフ倶楽部に所属していたこともあります。
1966年の日本オープンゴルフ選手権競技で初優勝を飾りました。
1968年の関東プロゴルフ選手権優勝、1970年の日本プロゴルフ選手権大会で優勝など、1960年代から1970年代にかけて活躍した選手です。

そのためか、レギュラーツアーには1980年代以降はレギュラーツアーにほとんど参戦していません。
最後にレギュラーツアーに出場したのは1988年の関東プロ選手権です。

1982年にはシニアツアーへ参加しており、日本プロゴルフシニア選手権大会で優勝を果たしています。

1990年代以降はグランドシニア大会を主戦場としており、2000年、2001年の日本グランドゴールドシニア、2002年の関東プログランドゴールドシニアで勝利しました。

プレーが早いという特徴を持っており、早撃ちマックという名前で呼ばれることもあります。
また過去には多数のテレビ番組に出演し、アマチュアのレッスンなどを行っていました。

放送回数600回を越えた長寿番組の看板としても知られています。
その番組のタイトル名にも自己流とあったように、自己流を勧めている珍しいプロです。

佐藤精一選手自身も、左利きですが右のクラブを使っています。
最もプレーしやすいスタイルが自己流であるという信念を持っており、多くのプレーヤーを指導してきました。

2010年以降は目立った活動は行っていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ