川岸良兼選手は体格が良く、期待されていたゴルファー

川岸良兼選手は石川県出身、1966年生まれのプロゴルファーです。
10歳の時からゴルフを始めており、若い頃から活躍を見せていました。
日本大学に進み、アマチュア時代から多くのタイトルを手にしています。
特筆すべき点は、身長が180cmに体重が88kgという体格の良さです。

その体から繰り出されるドライバーショットは多くの選手を恐れさせました。
1989年にプロテストに合格します。
ジャンボ尾崎こと尾崎将司選手を師匠としており、俗にジャンボ軍団と呼ばれるメンバーの一員です。

翌年の1990年には静岡オープンで初優勝を飾ります。
更にこの年は関東オープン、ABCラークカップでも優勝を飾っており、賞金ランキングでは3位に食い込みました。

そして1991年にもポカリスエットオープンで勝利を飾り、期待の新人として高い注目を浴びていた選手です。

恵まれた体躯から繰り出されるショットだけでなく、パッティングでも高い実力を発揮しており、1990年から1991年にかけては多くの方が今後のゴルフ界を引っ張っていく存在になると期待していました。

しかし1992年以降は低迷が続きます。
1995年に久しぶりにJCBクラシック仙台でツアー優勝を果たしますが、その後が続きませんでした。

1999年にはフィリップモリスチャンピオンシップで優勝するものの、これ以降レギュラーツアーで勝利を上げてはいません。

2004年から2005年は、勝利こそないものの高い成績を残しましたが、2007年にはシード権を失い、レギュラーツアーに参戦することも少なくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ