尾崎三兄弟の真ん中でありジェットの異名を持つ尾崎健夫選手

徳島県出身、1954年生まれのゴルファーが尾崎健夫選手です。
ジャンボ尾崎こと尾崎将司選手を兄に持ち、同じくプロゴルファーの尾崎直道選手を弟に持っています。
ジェット、もしくはジェット尾崎の異名を持っており、これはアメリカのツアーに参戦していた時期に、アメリカ人プレーヤーにより名付けられたものです。
ドライバーショットの軌道がジェット機のようであることが由来であり、兄のジャンボという異名とは特に関係はありません。

兄である尾崎将司選手は、春の甲子園での優勝の後にプロ野球選手になった経験を持っていますが、同様に尾崎健夫選手も野球に打ち込んでいた少年でした。

甲子園に行くことはありませんでしたが、高校時代は野球部のエースとして活躍していたのです。
野球の才能は兄以上とも言われており、甲子園に出場していないにも関わらず、ドラフトで3位指名を受けた経験を持っています。

しかし兄と同じくゴルファーとしての道を選び、18歳よりゴルフを始めました。
1975年よりプロとして活動を開始、1976年にツアーデビューします。

1979年の白竜湖オープンで初優勝を果たしました。
1980年代に特に活躍し、ツアー通算15勝を達成しています。

1990年代以降は名前があまり聞かれなくなりましたが、2000年にはフジサンケイクラシックで優勝し健在であることを示しました。
その後はシニアツアーに参戦し、2007年には日本プロゴルフシニア選手権大会で優勝しています。

レギュラーツアーに出場することもありますが、主戦場はシニアツアーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ