海老原清治はシニアツアーで特に活躍したプロゴルファー

海老原清治選手は1949年生まれ、千葉県出身のプロゴルファーです。
青木功選手と同年代であり、また共に師匠が林由郎氏であることから青木ファミリーと呼ばれるほど仲が良いことで知られています。
1982年に千葉県オープンで初優勝を果たしました。
若い頃から華々しく活躍した選手ではなく、青木功選手と同じく遅咲きです。

その後は1985年に中日クラウンズを、1991年にサンコーグランドサマーを制しています。
この3勝が国内レギュラーツアーでの最終的な成績です。

しかし、海老原清治選手の全盛期はレギュラーツアーに参戦していた頃ではなく、シニアツアーに参戦してからとなります。
2000年にはキャッスルヒルで国内でのシニア初優勝を飾りました。

更に同年には欧州のシニアツアーに参戦します。
2001年にはアイルランド・オープンで欧州シニアツアーで初優勝を飾りました。

圧巻だったはその翌年、2002年です。
この年には欧州シニアツアーで3勝を上げる大活躍を見せ、賞金王に輝きました。

これは日本人としては初の快挙です。
勝利こそありませんでしたが、2003年にはアメリカのチャンピオンズツアーに全て参戦する等、年齢を重ねてから活躍している選手となります。

国内外問わず、シニアだけで11勝を上げており、年齢による衰えを感じさせないプレーが魅力です。
また著書も発売されています。

特筆すべきは2009年に発売された、『50歳からのゴルフ革命』です。
年齢を重ねてから実績を積み上げた方により書かれた本であり、高い説得力を持っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ