池田勇太選手はデビューから大活躍を見せている

池田勇太選手は1985年生まれ、千葉県出身のプロゴルファーであり、デビュー直後から活躍著しい選手です。
ゴルフを始めたのは6歳の時のことであり、幼少の頃から英才教育を受けて育ち、高校時代には日本ジュニアゴルフ選手権競技、世界ジュニアゴルフ選手権で優勝しました。
大学時代には日本アマチュアゴルフ選手権競技でベスト4に入り、日本オープンゴルフ選手権競技では最もスコアの良いアマチュアであるローアマとなったこともある実力派の選手です。

プロになる前から注目されており、2007年にはプロテストに合格しました。
そして初参戦となる2008年では優勝こそ無かったものの、いきなり賞金ランキングで52位に入り、シード権を獲得します。

2009年には、日本プロゴルフ選手権大会で2位の選手に7打差をつけて初優勝しました。
2009年のみで4勝し、賞金ランキングはこの年2位になります。

2010年にはアメリカで開催されているメジャートーナメントのマスターズに出場し、決勝ラウンドまで残る活躍を見せました。
その後も安定して勝利を重ねており、2012年には最年少でのツアー10勝を達成しています。

成績が安定しており、賞金ランキング上位の常連です。
2013年にはジャパンツアー選手会の会長に選ばれるなど、プレー以外の面でも支持されています。

デビュー後すぐに活躍しているということもあり、2010年より日清食品に所属することとなりました。
基本的には日清のどん兵衛ロゴをつけてプレーしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ