ヨネックスカントリークラブはヨネックスレディスの舞台として使われている

新潟県長岡市で1996年より営業を行っているゴルフ場が、ヨネックスカントリークラブです。
ゴルフ場の名前にヨネックスとある通り、スポーツ用品メーカーの大手であるヨネックス株式会社が所有しているゴルフ場となっています。
その為、1997年にはヨネックスオープン広島ゴルフトーナメントが、1999年以降には毎年ヨネックスレディスゴルフトーナメントが開催されており、プロトーナメントの開催実績も豊富です。

利用料金はやや高めに設定されているものの、平日かつセルフプレーの場合はリーズナブルな価格で利用できます。
日本海のすぐ傍に作られているシーサイドコースであり、日本海に加えて北西に望める佐渡島が景観面での名物です。

最寄り駅はJR上越新幹線の長岡駅なので、新幹線とタクシーを利用して他府県から訪れられます。

ヨネックスカントリークラブの18ホールは川田太三氏が設計を、倉本昌弘氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は6895ヤードと距離も十分です。

フェアウェイは広く作られているものの、蛇行していることがあり、木々との兼ね合いによっては視界が悪くなることもあるでしょう。

シーサイドコース特有の海から吹く強い風があるので、バックスピンをかけた場合には、ボールが風で運ばれていくことも珍しくありません。

大きな池は少ないものの、ティーグラウンドの近くには池が多く配置されているので注意が必要です。
一方でバンカーの数はさほど多くないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ