標高650メートル付近にあり、京都や大阪から訪れやすいるり溪ゴルフクラブ

1975年、京都府南丹市に開場したゴルフ場が「るり溪ゴルフクラブ」です。
大阪市の北、京都市の西に位置しており、大阪氏方面や京都市方面から訪れやすくなっています。
阪神高速道路の木部第2出口からおよそ40分、京都縦貫道路の千代川インターチェンジからおよそ35分、能勢電鉄の山下駅からは自動車でおよそ30分の距離に位置しており、山下駅より送迎バスも出ているのでアクセスは容易です。

標高650メートル付近の高所に位置しており、大阪や京都といった都市部を出発して比較的短時間で高原地帯にアクセスすることが可能です。
セルフプレーならば利用料金は高くはなく、割増料金がかかるものの平日ならば2サムでのプレーにも対応しています。

るり溪ゴルフクラブは9ホール構成の3コースを所有しており、J・E・クレイン氏が監修を担当しました。
グリーンから最も遠いブルーティーからの距離はいずれも3200ヤード台であり、どの組み合わせでもさほど長くはありません。

東コースは松林に囲まれているのが特徴であり、高低差は少なく、大きな池が複数配置されており美しさを持っています。

中コースは大きく角度を変えるホールが少ないものの、フェアウェイには傾斜が残されているのでボールが曲がりやすく、狙い通りの箇所に落とすのは困難です。

西コースは高低差と起伏が最も色濃く残されているのが特徴であり、終始高いコントロール技術が求められるでしょう。

いずれのコースも池が複数あり、バンカーは殆どがグリーン周りに集中しているのが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ