兵庫県に吉川コース、山口県に美祢コースを持つレークスワンカントリー倶楽部

レークスワンカントリー倶楽部の名前を使っているゴルフ場は2つあり、共にセントラルゴルフマネジメント株式会社が経営を行っています。
兵庫県加東市で1977年より営業を行っているのが「レークスワンカントリー倶楽部 吉川コース」であり、3コース、計27ホールを備えているのが特徴です。

最長の南コースはバックティーからの距離が3427ヤードと長く、どの組み合わせでも6600ヤードを超えるので距離は十分にあります。

南コースはフラットに仕上がっているので打ち下ろしや打ち上げに悩まされることはありませんが、残る2コースは打ち上げ、打ち下ろしの形があるので、距離感が狂いショットを失敗することも珍しくありません。

池越えスタート、丘陵地帯では定番の谷越えスタートが待ち構えており、一打目でプレッシャーがかかりやすくなっています。
一方で、グリーンの周囲には障害物が多くないので、各ホールの前半をどう乗り切るかがポイントです。

山口県美祢市で1978年より営業を行っているのが「レークスワンカントリー倶楽部 美祢コース」であり、会員権を排したパブリック制を採用しているのが特徴となっています。

18ホールはバックティーからの距離が6546ヤードとやや短いものの、フェアウェイは広く、ラフは刈り込まれているので快適に回ることが可能です。

バンカーはフェアウェイから多く登場するので、1打目でいきなり砂に捕まることもあるでしょう。
池は全体的に少ないものの、グリーンの周囲にはバンカーが多いので注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ