2コース、36ホールを持ち共に距離が長いロイヤルカントリークラブ

1974年、栃木県宇都宮市に開場したゴルフ場がロイヤルカントリークラブです。
メンバーシップ制で営業を行っていますが、ビジターのみで予約を取ることが可能となっています。
宇都宮市の北西、羽黒山の麓に作られており、JR東北新幹線の宇都宮駅からは送迎バスも出ているので県外からのアクセスも容易です。

ロイヤルカントリークラブは2コース、計36ホールを持っており、共に発知朗氏が設計を担当しました。
鬼怒川コースはバックティーからの距離が6805ヤードと長く、概ね真っすぐレイアウトされているのでグリーンの位置が明確です。

フェアウェイは狭い箇所もありますが、基本的に幅は十分に取られているので、ティーショットでフェアウェイに落とすのは比較的容易となっています。

バンカーはフェアウェイから登場し、ティーグラウンド近くには池もあるので、ティーショットでいきなり障害物に打ち込むことも珍しくありません。

羽黒コースはバックティーからの距離は6704ヤードとこちらも長く、フェアウェイは広く作られています。
角度を変えることが多いものの、曲がり方はさほどでもないので、グリーンの位置が分からなくなるということは殆どありません。

鬼怒川コースと違ってホールの序盤で障害物が登場することは少ないので、ティーショットから積極的に攻めていくことができます。

プレーに大きく絡んでくる池は少なく、バンカーも多くはないので、障害物が原因で大叩きすることは少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ