自然が多く、秩父連峰といった山を望むことが出来る越生ゴルフクラブ

埼玉県比企郡ときがわ町で1973年より営業を行っているゴルフ場が、越生ゴルフクラブです。
周囲には自然が多く、秩父連峰を始めとした雄大な山々を望むことが可能なので、大自然を満喫出来ます。
ビジターの場合、基本的には会員の紹介がないと利用することは出来ませんが、ゴルフ場予約サイトを通すことでビジターのみでも利用可能です。

関越自動車道の東松山インターチェンジ、鶴ヶ島インターチェンジから近く自動車でアクセスしやすく、東武東上線の坂戸駅からは送迎バスも出ているので、移動で困ることは殆どありません。

ここではキャディ付き、セルフプレーのどちらかを選択してラウンドを行うこととなりますが、セルフプレーの場合でも利用料金はやや高めに設定されています。

越生ゴルフクラブの18ホールは和泉一介氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7030ヤードと長めです。

フェアウェイは広く設定されており、ティーショットは思い切って打てますが、丘陵地帯の自然を活かして設計されているのでフェアウェイには傾斜が残っています。

また、フェアウェイの中央がせり上がっている馬の背に加えて、打ち上げや打ち下ろしといった高低差もあり、二打目以降にボールを狙い通りのところに運ぶのは困難です。

さらに障害物も多く配置されており、例えばバンカーはフェアウェイから登場するので、ティーショットで砂に捕まることも珍しくありません。
そして池越えの形になることは少ないものの、池の数も多めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ