岡山県内で2番目に作られた岡山ゴルフ倶楽部

1953年、岡山県倉敷市に開場したゴルフ場が岡山ゴルフ倶楽部です。
「岡山ゴルフ倶楽部 帯江コース」と表記されることもある、岡山県内で2番目に作られたゴルフ場であり、標高80メートル付近の丘陵地帯に位置しています。
ビジターの方が利用する場合は会員の紹介か同伴が必要であり、予約を取ることが出来るのは会員だけです。

基本的にはキャディ付きで回ることとなりますが、セルフプレーで回るセルフデーも設定されており、リーズナブルな価格で利用することが出来ます。
宿泊プランは用意されていませんが、複数の宿泊施設と提携しているので、泊まるところには困りません。

岡山ゴルフ倶楽部の18ホールは吉村利一郎氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6450ヤードとやや短めです。
フェアウェイがあまり広くはなく、高低差も残されているので距離感が狂いやすくなっています。

それだけに安定した体勢から打てるティーショットは重要ですが、谷越えスタートと池越えスタートが共にあり、プレッシャーのせいで失敗することも珍しくありません。

また、松林を始めとした自然の木々を多く残しており、木々により各ホールは仕切られていますが、フェアウェイに立木が残されているホールでは木は障害物としての役割を果たします。

一方で池は全てティーグラウンド近くやホールの前半で登場するので、アプローチショットで池が登場することはありません。

バンカーも際立って多いわけではありませんが、グリーン周りには的確に配置されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ