アイランドゴルフガーデン加賀と名称変更をした加賀芙蓉カントリー倶楽部

石川県小松市で1970年より営業を行っているゴルフ場が、加賀芙蓉カントリー倶楽部です。
石川県内で3番目に作られた長い歴史を持つゴルフ場であり、白山連峰の山裾に位置しています。
丸紅グループに属している紅栄株式会社が所有していましたが、2013年には株式会社アイランドゴルフが取得しており、ゴルフ場の名称がアイランドゴルフガーデン加賀と変わりました。

全日、会員の紹介がないと利用することは出来ませんが、ゴルフ場予約サイトを経由することで予約を取ることが可能です。
利用料金はやや高めに設定されており、平日且つセルフプレーの場合でも1万2千円を超えています。

アイランドゴルフガーデン加賀は9ホール構成の3コースを所有しており、松山桂司氏、佐藤健氏が設計を担当しました。
最も長い東コースのバックティーからの距離が3300ヤードであり、全体的に距離はあまりありません。

各コースはそれぞれ異なった特徴を持っており、東コースは高低差が少なくフェアウェイも広めですが、池越えスタート、谷越えスタートがあり一打目にプレッシャーがかかりやすくなっています。

そして中コースは各ホールが檜、杉、松といった木々により仕切られており、最も距離が短いので飛距離よりショットの方向や正確性が重要です。

西コースは真っ直ぐレイアウトされていますが、フェアウェイに傾斜が残されているので二打目以降にボールが曲がりやすく、フェアウェイをキープした場合でも油断することが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ