ひろのコースとよかわコースがある花屋敷ゴルフ倶楽部

兵庫県三木市で1959年より営業を行っているゴルフ場が花屋敷ゴルフ倶楽部です。
ひろのコースとよかわコースがあり、開場年月日は全く同じですが、両者はやや離れています。
「花屋敷ゴルフ倶楽部 ひろのコース」は女子の国内メジャー大会、日本女子オープンゴルフ選手権競技を始めとしてプロトーナメントが多く開催されています。

18ホールはロバート・村島氏、J・E・クレイン氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6711ヤードとやや長めです。
アウトコースは高低差が少なく、OBを記録する箇所が少ないのでティーショットから積極的に攻めていくことが出来ます。

一方でインコースは打ち上げ、打ち下ろしが共にあるので距離感で躓きやすく、コントロール技術が重要です。
バンカーが多数登場し、池はティーグラウンドの前やグリーンの手前に多く配置されています。

その為、スタートや道中で池越えの形になることが多く、プレーヤーにプレッシャーがかかりやすい構成です。
「花屋敷ゴルフ倶楽部 とよかわコース」は2005年より女子プロトーナメント、スタジオアリス女子オープンが毎年開催されています。

18ホールは上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6840ヤードと長めの数字です。
フェアウェイは広く作られており、角度を大きく変えることはありませんが、丘陵地帯の地形を色濃く反映しており、打ち上げもあります。

多数の池を配置しているので、ボールを水に落としてしまうことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ