福島県内で2番目に作られた、会津磐梯カントリークラブ

1962年、福島県会津若松市に開場したゴルフ場が会津磐梯カントリークラブです。
福島県内で2番目に作られた名門ゴルフ場ですが、平日ならばビジターのみでも予約を取ることが出来ます。
土曜日は会員の紹介が、日曜日と祝日は会員の同伴が必要なので、土日祝に利用する場合のハードルは高めです。

キャディ付きかセルフプレーかを選ぶことが可能であり、キャディ付きの場合でも利用料金はさほど高くはありません。
北北東に磐梯山、南東に猪苗代湖を望むことが可能であり、景観面でも優れているゴルフ場です。

宿泊プランは用意されていないものの、提携している宿泊施設が多くあり、泊まりがけでのプレーに向いています。
会津磐梯カントリークラブの18ホールは陳清水氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6756ヤードと十分です。

アウトコースの距離は3500ヤードを超えており、木々により各ホールは仕切られているので林間コースの趣きを持っています。
一方でインコースは距離は短いものの、高低差があるので距離感が狂いやすく、コントロール技術が重要です。

磐梯山から流れてくる風がコース内に吹くことでも知られており、風が強い場合はボールが流されることも計算に入れる必要があります。

グリーン周りを除けばバンカーはあまり配置されていないので、砂に捕まることはあまりありません。

池の数も少なく、面積もさほど大きくはありませんが、池越えスタートが複数あるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ