甘楽カントリークラブは日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催された

甘楽カントリークラブは群馬県甘楽郡甘楽町で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
照明器具メーカーである山田照明株式会社が母体でしたが、2006年には経営会社が民事再生法の適用を申請しました。
2007年にアコーディア・ゴルフとスポンサー契約を結んでおり、以降はアコーディア・ゴルフ傘下で営業を行っています。

1984年には女子プロトーナメントのメジャー大会、日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催されました。
利用する場合は原則として会員の紹介か同伴が必要ですが、平日ならばビジターのみで予約を取ることが出来ます。

上毛三山に数えられる榛名山、赤城山、妙義山を遠くに望むことが可能であり、雄大な山々の景観が名物です。

甘楽カントリークラブの18ホールは安田幸吉氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6582ヤードとやや短めとなっています。

高低差はあまりありませんが、フェアウェイにアンジュレーションと呼ばれている傾斜があり、狙い通りの箇所に飛ばすのは困難です。
木々により各ホールは仕切られていますが、林にボールが飛んでいった場合は立て直しに苦労することも珍しくありません。

木々がせり出している箇所では視界が遮られることもあり、どこに落とせば視界が開けるかも重要です。

グリーンの周囲にはガードバンカーが多く配置されており、池は数こそあまりありませんが、池越えスタート、グリーンへのアプローチショットでの池越えが共にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ