岸和田カントリー倶楽部は大阪市内、関西国際空港から近い

大阪府岸和田市で1973年より営業を行っているゴルフ場が岸和田カントリー倶楽部です。
ゴルフ場経営の大手であった日本ゴルフ振興株式会社が所有していましたが、2003年に日本ゴルフ振興は会社更生法の適用を申し立てられます。
2004年にローンスターグループをスポンサーとして再建を目指す案が纏められ、PGMグループの傘下に入りました。

大阪市内から1時間、関西国際空港から35分程度とアクセスしやすく、他府県からのアクセスにも対応しています。
基本的にはキャディ付きで回りますが、セルフプレーを希望することも出来るので、予算や好みによってラウンドスタイルを変えることが可能です。

コースによっては大阪湾、生駒金剛山、六甲山などを望めるので、景観面でも優れています。
岸和田カントリー倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、ウィリアム・F・ベル氏が設計を担当しました。

山岳地帯の高低差が大きく残った地形の影響を受けていますが、コースによってはアップダウンは殆どありません。

フェアウェイの幅は広めですが、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグがいずれのコースでも頻出し、グリーンの位置を確認出来ないことも珍しくありません。

二打目で高低差を感じることも多いので、ティーショットでボールをどこに落とすかがスコアメイクの上で重要です。

池はどのコースにも配置されており、バンカーの数もそれなりにありますが、ティーショットで打ち込むことはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ