18ホールは非常に距離が長く、伸び伸びと打てる寄居カントリークラブ

寄居カントリークラブは埼玉県大里郡寄居町で1978年より営業を行っているゴルフ場です。
2005年に経営会社が会社更生法の適用を申請されており、ゴールドマン・サックスグループをスポンサーとして再建を目指すこととなりました。
再生計画案が可決され、アコーディア・ゴルフの傘下に入っていますが、ゴルフ場の名前は変更されていません。

平日の場合は会員からの紹介か同伴が、土日祝の場合は会員の同伴がないと利用することが出来ませんが、ゴルフ場予約サイトを経由した場合はビジターのみでも予約を取ることが可能です。

ラウンドスタイルはキャディ付きかセルフプレーかを選択することが出来るので、セルフプレー且つ平日の場合はリーズナブルな価格で回ることができるでしょう。

寄居カントリークラブの18ホールは安田幸吉氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離7014ヤードと長めです。

フェアウェイは全体的に広く作られており、開放感の中で伸び伸びとプレーすることが出来ます。
丘陵地帯に位置していますが高低差は少なく、見通しも良好ですが、随所に登場する池は躓きやすいポイントです。

半数以上のホールで大小様々な池が登場し、池越えスタートに加えて、アプローチショットでの池越えもあります。

更にグリーン周りではバンカーの数も多めなので、寄せていく際に障害物に打ち込んで打数が嵩むこともあり、各ホール共に後半にプレッシャーがかかりやすい構成です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ