岐阜カンツリー倶楽部は岐阜県内で初めて作られたゴルフ場

岐阜県各務原市で1960年より営業を行っているゴルフ場が岐阜カンツリー倶楽部です。
長い歴史と伝統を持つ名門ゴルフ場であり、ビジターの方は会員の紹介がないと利用することは出来ません。
東海自動車道の関インターチェンジから6km程度と近く、名鉄各務原線の六軒駅からは自動車で10分程度とアクセスしやすいのが利点です。

全組キャディ付きで回ることとなるので、利用料金は高めに設定されているもののサービス面は抜群であり、快適に利用することが出来ます。

格調高く作られたクラブハウス内には広々としたロッカールーム、大人数を収容出来るコンペルームがあり、接待にも向いているゴルフ場です。

岐阜カンツリー倶楽部の18ホールは上田治氏が設計を担当しており、リニューアルの際には佐藤忠志氏が改修を担当しました。
バックティーからの距離は6806ヤードと長く、特にインコースは3500ヤードを超えており、飛距離が求められます。

一方でアウトコースは3300ヤードを僅かに超えている程度であり、2コースの距離の差は200ヤード以上です。

全体的にフェアウェイは広く設定されており、角度が大きく変わることもないので、ティーショットから豪快なスイングを行うことが可能となっています。

オーソドックスに作られているので、どのようにボールをグリーンまで運ぶか、プレーヤーの戦略性が求められるコースです。
グリーンは周囲より高くに位置しており、打ち上げの形となるので乗せるまでに打数が嵩むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ