岐阜セントフィールドカントリー倶楽部の18ホールは小笹昭三氏が設計している

岐阜セントフィールドカントリー倶楽部は岐阜県関市で1994年より営業を行っているゴルフ場です。
GIFUセントフィールドカントリークラブという名前で営業を行っていましたが、2002年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、2003年には預託金制から完全株主会員制へと移行しています。
このゴルフ場経営の方針の転換と同時に岐阜セントフィールドカントリー倶楽部と名前を改めました。

ラウンドスタイルはキャディ付きとセルフプレーから選ぶこととなり、乗用カートを使って回ります。
平日に限れば、2人で回る2サムのプレーにも対応しており、利用料金が高くなることもありません。

クラブハウス内にはバーディーカフェと呼ばれているお店があり、ラウンド前に気軽に飲み物などを注文することが可能です。

岐阜セントフィールドカントリー倶楽部の18ホールは小笹昭三氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6821ヤードと距離も十分にあります。

アウトコースは概ね真っ直ぐレイアウトされており、見通しは良く、600ヤードを超えるロングホールもあり、飛距離は欠かせない要素です。

インコースは距離こそ平均的ですが、多くのホールでテクニックが求められ、飛距離よりボールを落とす位置が重要となっています。
2010年にバンカーが改修されており、大きく複雑な形をしたバンカーが最も注意する必要がある障害物です。

池はアウトコースでプレーに絡んでくるものの、インコースには殆ど配置されていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ