宮崎ゴルフ倶楽部の姉妹コースである亀の甲カントリー倶楽部

1993年、宮崎県東諸県郡国富町に開場したゴルフ場が亀の甲カントリー倶楽部です。
公式ホームページを持っていないゴルフ場であり、詳細なドレスコード、営業日などは不明となっています。
メンバーシップ制を採用しているゴルフ場ですが、ビジターのみで予約を取ることが出来るので、利用のハードルは高くはありません。

宮崎自動車道の宮崎インターチェンジ、JR日豊本線の宮崎駅から近く、宮崎市周辺からアクセスしやすいゴルフ場です。

乗用カートを使用したセルフプレーのみで営業を行っているので、キャディ付きでのプレーには対応していません。
宮崎ゴルフ倶楽部の姉妹コースであり、丘陵地帯でお互いに隣り合った状態で営業を行っています。

亀の甲カントリー倶楽部の18ホールは恩智恒男氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6267ヤードと長くはありません。

アップダウンはあるものの、フェアウェイは広く作られているので、ティーショットで攻めていくことも可能です。
ボールを曲げた場合にはOBを記録しやすいので、真っ直ぐ飛ばすことがスコアメイクの上で重要となっています。

グリーンはあまり大きくないので、乗せるのが難しく、周囲にはガードバンカーもあるのでアプローチショットの難度は高めです。

バンカーはそれほど多くは配置されていませんが、代わりに池が多く、特にインコースでは殆どのホールで池が絡んできます。
池越えの形こそ少なめですが、水に落として打数が嵩むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ