荒川の河川敷にあり、27ホールを持つ吉見ゴルフ場

埼玉県比企郡吉見町で1982年より営業を行っているゴルフ場が吉見ゴルフ場です。
埼玉県でゴルフ場の運営を行っている株式会社さいたまリバーフロンティアが所有しているゴルフ場であり、会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しています。
荒川の河川敷に展開されている河川敷コースであり、関越自動車道の東松山インターチェンジから15km程の距離にある都心からアクセスしやすいゴルフ場です。

乗用カートを使ったセルフプレー限定で営業を行っているので、キャディを付けて回ることは出来ませんが、利用料金は抑えらており、コストパフォーマンスの面で優れています。

河川敷コースでありながら9ホール構成の3コース、計27ホールを持っているスケールの大きなゴルフ場であり、一回や二回訪れただけでは味わい尽くすことは出来ません。

河川敷コースの特徴である高低差の少ない作りを踏襲していますが、木々が多く林間コース風に作られたところもあります。

距離はあまり長くはなく、フェアウェイが狭い箇所もあるので、ティーショットからコントロール技術が求められ、打ち出しの方向も重要です。

全体的に池が多く配置されており、川を越えていく箇所もあるので、水に落とすことをどれだけ避けられるかがスコアメイクの上で重要となっています。

バンカーはあまり多くはありませんが、グリーンは周囲より高くに位置していることもあり、グリーンへのアプローチショットは難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ