吉備カントリークラブの18ホールはプロトーナメント開催実績もある

吉備カントリークラブは岡山県総社市で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
過去には関西プロゴルフ選手権大会を始めとして、プロトーナメントが複数開催されています。
本格的なコースを所有しているだけでなく、サービス面にも力を入れているので、クラブハウスではリラックスして過ごすことが可能です。

その分、利用料金はやや高めに設定されているものの、金曜日はセルフデーに設定されており、セルフプレーの場合は比較的リーズナブルな価格で利用することが出来ます。

JR伯備線の総社駅、山陽新幹線の新倉敷駅から近くアクセス性も悪くありませんが、全日会員の紹介が必須なので、利用する場合のハードルはやや高めです。

吉備カントリークラブの18ホールは高原正氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6913ヤードと十分にあります。
乗用カートを使用して回ることが出来ますので、体力があまりない方でも快適なプレーが可能です。

高低差が少ないのも重要なポイントであり、丘陵地帯に位置していますが打ち上げや打ち下ろしで悩むことはあまりありません。
フェアウェイは広く、大きく角度を変えることは少ないのでティーショットで豪快なスイングを楽しみたいというプレーヤーの方には打ってつけです。

バンカーはグリーンの周囲を中心に配置されていますが、際立って多いわけではありません。
池は個数こそ少ないものの、大きいのでプレッシャーがかかりやすく注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ