大きな池が特徴である宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部

宮崎県宮崎市で1991年より営業を行っているゴルフ場が宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部です。
ゴルフ場の名前にレイクサイドとある通り、大きな池を中心に作られているゴルフ場となっています。
池はラウンドの際は障害物として立ちはだかりますが、目を楽しませるという役割を持っており、敷地内の見所です。

太平洋が近く、東に雄大な海を望むことが可能であり、南には山々が広がっており敷地の外の景観も抜群となっています。
会員の同伴か紹介が利用の為には必要ですが、ビジターのみでも予約を受け付けており、利用の際のハードルはさほど高くはありません。

アクセス性の良さも利点であり、宮崎空港やJR日豊本線の清武駅、東九州自動車道の清武インターチェンジから近く、どの方法を使った場合でも訪れることは容易です。

宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部の18ホールは滝藤稔氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7042ヤード十分にあります。

丘陵地帯に位置していますが、高低差は最大でも40メートルであり、打ち上げや打ち下ろしで距離感が狂うことは殆どありません。
コースでも最も目立つのは池の存在であり、アウトコースは出だしの1番から4番ホールまで大きな池と対峙することとなります。

半数以上のホールで池が絡んでくるので、プレーヤーにプレッシャーがかかりやすく、また池越えの形も多めです。

グリーンは全体的に大きく作られており、乗せるだけなら比較的容易ですが、カップまで距離があることが多くパッティングは簡単ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ