交通の便が良く、宿泊プランもある宮崎国際空港カントリークラブ

宮崎国際空港カントリークラブは宮崎県宮崎郡田野町で1993年より営業を行っているゴルフ場です。
宮崎自動車道の田野インターチェンジ、JR日豊本線の田野駅、そして宮崎空港から近く、県外からも容易にアクセスすることが出来ます。
キャディ付きかセルフプレーかを選んで回ることが可能であり、平日ならキャディ付きでも1万円以内で利用が可能なので、コストパフォーマンスの面で優れているゴルフ場です。

また早朝と午後には18ホールを続けて回るスループレーを行うことが可能であり、練習には打ってつけとなっています。

宿泊施設としてロッジが用意されており、宿泊とラウンドがセットになったプランも用意されているので、宮崎方面の観光のついでにゴルフを楽しむことも可能です。

宮崎国際空港カントリークラブの18ホールは上田鉄弘氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7038ヤードと十分にあります。

フェアウェイは広く作られており、概ね真っ直ぐレイアウトされているので見通しは良く、ゴール地点であるグリーンを視認してからルートを決めることが可能です。

全体的にオーソドックスに作られており、奇抜なレイアウトや変わった障害物はありませんが、その分実力がスコアに表れやすく、600ヤードを越えているロングホールもあるので飛距離は欠かせません。

バンカーはグリーンの周囲を除けば少なく、池の数も平均的ですが、インコースでは池がプレーに絡むことは多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ