球磨カントリー倶楽部は日本プロゴルフ選手権大会が開催されたこともある

1973年、熊本県球磨郡錦町に開場したゴルフ場が球磨カントリー倶楽部です。
開場後すぐの1976年に国内メジャー大会である日本プロゴルフ選手権大会が開催されており、高い評価を受けています。
長い歴史を持っているゴルフ場であり、土日は会員の紹介がないと利用することが出来ません。

平日も原則として会員の紹介が必要とハードルは高めですが、ゴルフ場予約サイトを経由すればビジターでも利用することが出来ます。
自然豊かな土地に作られていますが、乗用カートでフェアウェイに乗り入れることも可能であり、回りやすい作りです。

球磨カントリー倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、鈴木正一氏、海老原寿人氏が設計を担当しました。

薩摩コースと日向コースはグリーンから最も遠いブラックティーからの距離が3500ヤードを越えており、この両者の組み合わせはコースレートが非常に高く、県内でも屈指の難度を誇ります。

大きく角度を変えることは少なく、フェアウェイは広く作られていますが、高低差が残されているので、打ち下ろしと打ち上げの形が多めです。

距離感が狂いやすく、難度が高い打ち上げに対してどう対処するかがスコアメイクの上で重要となっています。
更に障害物も多く配置されており、フェアウェイからサイドバンカーが登場するのでティーショットで躓くことが多めです。

池は巨大なものこそありませんが、豊富に配置されており、池越えスタートの形も多めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ