成田空港の近くに位置している京カントリークラブ

1990年、千葉県山武郡芝山町に開場したゴルフ場が京カントリークラブです。
大洋緑化株式会社が経営を行っていましたが、2004年に太陽緑化は会社更生法の適用を申請する事態となりました。
ローンスターグループをスポンサーとする再建案が纏められており、後にPGMグループの傘下に入っています。

成田空港のすぐ近くに位置しているので、都心から近いのは勿論のこと、日本中から容易にアクセスすることが可能です。

宿泊施設としてホテルが用意されているので、泊まってプレーすることも可能であり、成田空港を使った旅行のついでに訪れるという使い方も出来ます。

京カントリークラブの18ホールは大洋緑化設計部が設計を担当しており、アメリカ出身の女子プロゴルファー、J・インクスタープロが監修を担当しました。

グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は6811ヤードと距離も十分にあります。
設計の際のコンセプトは自然との調和であり、丘陵地帯の自然を最大限に活かした構成が特徴です。

高低差が大きいことが多い丘陵地帯に作られていますが、フラットに仕上がっており、距離感が狂うことは殆どありません。

見通しは良いものの、途中で角度が変わることが多く、どこにボールを落とせば有利に働くか、ティーショットの時点から考えて打つ必要があります。

池を多く配置するアメリカンスタイルを意識して作られており、半数以上のホールで大きな池が登場するアウトコースは終始難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ