27ホールを持ち、琵琶湖から近い京阪カントリー倶楽部

滋賀県大津市で1990年より営業を行っているゴルフ場が京阪カントリー倶楽部です。
大津市の南部、京都府の近くに位置しており、琵琶湖の下流である瀬田川近くに展開されているので迷うことはあまりありません。
石山寺、そして日本最大の湖である琵琶湖を望むことが可能であり、眺望面でも優れています。

シニア向けのコンペを多く開催しており、更に中学生以上ならばコースに出ることも可能なので、幅広い年齢層のゴルファーが集うゴルフ場です。

ビジターの場合でも、公式ホームページから登録を行えば利用することが可能であり、またそのサイト内で、スコアの管理を行うことも出来ます。
基本的にはキャディ付きで回ることとなりますが、状況によってはセルフプレーを行う可能性もあるので注意が必要です。

京阪カントリー倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴であり、いずれも小林光昭氏が設計を担当しました。

3コースはいずれも距離が長く、フェアウェイは広々としていますが、角度を変えるドッグレッグを多く取り入れているので、考えなしに打つと打数が嵩むことも珍しくはありません。

丘陵地帯では定番の谷越えに加えて、バンカーや池といった人工的な障害物も多いので、障害物をどれだけ避けられるかが重要となっています。

大きい池が多く配置されている曽束コースは、障害物のせいでプレーヤーにプレッシャーがかかりやすく、緊張感を持ったまま回る可能性が高く特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ