京都ゴルフ倶楽部は上賀茂コースと舟山コースがある

京都府京都市で1948年より営業を行っているゴルフ場が京都ゴルフ倶楽部です。
2つの18ホールを所有しており、先に開場したのが京都府内で初めて作られた「京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース」です。
戦後、国内で初めて新築されたゴルフ場であり、世界遺産に指定されている上賀茂神社の敷地内にあるという珍しい特徴を持っています。

クラブハウスは大正時代に作られたものを使用しており、コースも古都の情景を意識して作られており、情緒のあるゴルフ場です。
法人会員制度の導入やセルフプレー、電動乗用カートの導入といった新しい試みを積極的に行っています。

歴史と伝統を持つ名門ゴルフ場として運営されており、ビジターの方が予約を取ることは困難です。
18ホールはハロルド・シェフィールド氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は5818ヤードと長くはありません。

後から作られたのが1962年開場の「京都ゴルフ倶楽部 舟山コース」であり、京都府内で5番目に作られました。
こちらも長い歴史を持っていますが、初心者の方でも楽しめるように作られているので、予約が取りやすいのが特徴です。

18ホールは上田治氏が設計を担当しており、レギュラーティーからの距離は4863ヤードと非常に短めですが、ショートゲームの練習には打ってつけとなっています。

飛距離が出せない方でもテクニックがあれば好スコアを期待することが出来ますが、山岳地帯にあり高低差に加えて谷越えや障害物もあるので簡単ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ