協和ゴルフクラブはセルフプレーのみで営業を行っている

京都府相楽郡和束町で1974年より営業を行っているゴルフ場が協和ゴルフクラブです。
株式会社私市の関連会社である協和土木株式会社が経営を行っていましたが、2004年に協和土木は私市と共に会社更生法の適用を申し立てられています。
その後、ゴールドマン・サックスグループをスポンサーとする案が纏められ、アコーディア・ゴルフの傘下に入っていますがゴルフ場の名前は変更されていません。

鷲峰山を望むことが可能であり、雄大な山々に囲まれているので、景観が素晴らしく、利点の一つです。

セルフプレーのみで営業を行っており、クラブハウスを始めとした施設でのサービスは最小限に留められているものの、その分利用料金は抑えられているので、本格的なコースを安く回りたい場合には打ってつけとなっています。

協和ゴルフクラブの18ホールは浅川吉男氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6635ヤードと距離も十分です。
高低差はあるものの、打ち上げの形は少なく、打ち下ろしが多めなので豪快なショットを楽しむことが出来ます。

殆どのホールで打ち出す前にグリーンの位置が分かるよう作られているのが特徴であり、ゴール地点を目で確認してルートを計算することが可能です。

その為、セルフプレーであっても問題なく回ることが出来るので、初心者の方でも安心して回れるコースとなっています。

バンカーが多く配置されている他に、大きい池が複数あり、障害物のせいで打数が嵩むことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ