プロトーナメント開催実績も豊富な玉名カントリークラブ

1976年、熊本県玉名市に開場したゴルフ場が玉名カントリークラブです。
九州オープンゴルフ選手権競技の決勝や、国内メジャー大会の日本プロゴルフ選手権大会が開催されており、九州地方の中でも高い評価を受けています。
自然との対話をテーマに作られているので、敷地の内外に自然が多く、大自然の中でプレーを楽しむことが可能です。

日曜、祝日に予約を取る場合は会員の紹介が必須となっていますが、平日、土曜日ならビジターの方でも問題なく予約を取ることが出来ます。
さらに九州自動車道の菊水インターチェンジ、JR鹿児島本線の玉名駅から近いので、自動車、電車のどちらを利用する場合でもアクセスが容易です。

また、全組キャディ付きで営業を行っているのが特徴であり、セルフプレーを利用することは出来ません。

この玉名カントリークラブの18ホールは照山岩男氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7083ヤードと長距離コースです。

各ホールは木々により完全に仕切られているので、他の組から影響を受けることは少なく、高低差は殆どありません。
途中で角度を変えるホールはあるものの、曲がり方はさほどもなく、全体的に真っ直ぐ作られています。

その為、ボールをいかにしてグリーンまで運ぶかというゴルフの原点に近いプレーを行うことが可能です。

また、グリーン周りにはガードバンカーが多く配置されているものの、ティーショットで捕まることは少なく、一打目は思い切ってドライバーを振っても問題ありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ