福岡県内で4番目に作られ、9ホール体制で営業を行っている九州カンツリー倶楽部

九州カンツリー倶楽部は、福岡県春日市で1959年より営業を行っているゴルフ場です。
九州カンツリー倶楽部 春日原ゴルフ場と表記されることもあり、福岡県内では4番目に作られた歴史と伝統を持つゴルフ場となっています。
会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しているので、ビジターの方で訪れやすく、利用料金は安めです。

ここは9ホール体制で営業を行っており、二度回ることで18ホールのプレーに対応しているゴルフ場ですが、練習を行いたい初心者の方や、コースデビューを考えている方には打ってつけとなっています。

また、九州カンツリー倶楽部の9ホールは島崎悦吉氏が設計を担当しており、バックティーからの場合は距離も十分です。

このゴルフ場は丘陵地帯に展開されており、木々を始めとした自然が豊富に残っていますが、フェアウェイにはアンジュレーションと呼ばれている傾斜も残っているので、打球が曲がりやすくなっています。

よってフェアウェイにボールが転がった場合でも、傾斜を計算に入れて打つ必要があり、軌道を予測する力が必要です。
そして二度回る場合は、ティーグラウンドとグリーンを変えてプレーすることとなり、高麗グリーンとベントグリーンを両方使うこととなります。

パッティングの際は、速くボールが転がりやすいベントグリーンと、重たく感じる高麗グリーンの二種類に対応する必要があり、躓きやすいポイントです。

一方バンカーや池はあまり配置されていませんが、池越えスタート、谷越えスタートがあるため油断は出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ