チャンピオンティーからの距離が7000ヤードを越えている熊本南カントリークラブ

1991年、熊本県上益城郡甲佐町に開場したゴルフ場が、熊本南カントリークラブです。
熊本南カントリークラブ 乙女コースと表記されることもあり、熊本市内から近いことが利点となっています。
熊本南カントリークラブの18ホールは、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離が7048ヤードと、長距離コースです。

丘陵地帯に展開されており、高低差と傾斜が色濃く残っているのでボールをコントロールするのは難しくなっています。

距離が長いので好スコアを狙うなら飛距離は欠かせませんが、コントロール技術との兼ね合いもあり、どの程度の力で打つかの判断力が問われる構成です。

そしてフェアウェイは広く作られていますが、打ち上げ、打ち下ろしの形が多く、距離感が狂うことも珍しくありません。

インコースでは途中で角度を変えるドッグレッグも取り入れられており、緩やかに左に曲がる11番ロング、大きく右に曲がっておりグリーンを確認することが困難な13番ミドル、16番ミドル、距離が長くグリーン手前で角度を変える17番ロングホールは躓きやすいポイントです。

また、バンカーは総数こそさほどでもありませんが、全体的に大きいので打ち込みやすく、注意する必要があります。

そして池はアウトコースに多く配置されており、フェアウェイ右手に池とバンカーがありボールを曲げると危険な2番ミドル、池越えスタートの7番ショート、グリーンへのアプローチショットが池越えとなる8番ミドルホールは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ