27ホールを持ち、栗駒国定公園の裾野に位置している栗駒ゴルフ倶楽部

岩手県胆沢郡金ケ崎町で1978年より営業を行っているゴルフ場が、栗駒ゴルフ倶楽部です。
栗駒国定公園の裾野に位置しており、敷地の内外には木々が多く残っている林間コースとなっています。
栗駒ゴルフ倶楽部はフラットに仕上がっている9ホール構成の3コースを所有しており、小池偉雄氏が設計を担当しました。

最も距離が長いのが東コースであり、3500ヤードを越えており、フェアウェイも広いのでティーショットから攻めていくことが出来ます。
途中で角度を変えるドッグレッグは多いものの、大きく角度を変えることは少なく、概ね見通しも良好です。

しかし途中から左に曲がっていく1番ロング、真っ直ぐ作られているものの距離が長い3番ミドル、左に曲がっていきフェアウェイの途中に小川が流れている6番ロングホールは、打数が嵩むことも珍しくありません。

距離の面で中間なのが南コースであり、真っ直ぐレイアウトされているのでグリーンを視認してから打ち出すことが出来ます。

最も距離が長く池越えで始まる3番ロング、フェアウェイの中央に立木があり進路が狭くなっている4番ミドル、川越えスタートの8番ミドルホールは躓きやすいポイントです。

最も距離が短いのが西コースであり、障害物は少ないもののドッグレッグが多く、どこにボールを落とせば次に有利かを考えて打つ必要があります。

中でも緩やかに左に曲がっていく1番ミドル、途中で90度近く角度が変わる7番ミドル、右に曲がっていきフェアウェイが狭い箇所がある9番ミドルホールは難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ