2コース、計36ホールを持つ桑名国際ゴルフ倶楽部

桑名国際ゴルフ倶楽部は、三重県員弁郡東員町で1968年より営業を行っているゴルフ場です。
三重県内で10番目に作られた長い歴史を持つゴルフ場であり、2コース、計36ホールを所有しています。
2コースは佐々木真太郎氏が設計を担当しており、伊勢コースはバックティーからの距離が7007ヤードと長めです。

フェアウェイが非常に広く作られており、大きく角度を変えることもないので、豪快なドライバーショットを持ち味としている方に向いています。
テクニックも重要ですが、距離が長いので好スコアを狙う場合は、飛距離が最も求められる作りです。

距離が長い4番ミドル、フェアウェイの中央に立木がある8番ロング、600ヤードを越えておりグリーン手前で僅かに角度が変わる17番ロングホールは、特に躓きやすいポイントとなっています。

そしてバンカーや池は数こそ少ないものの、池越えスタートが複数あるのでティーショットの出来が重要です。
鈴鹿コースは、バックティーからの距離が6658ヤードと平均よりやや長めの数字であり、こちらもフェアウェイは広く作られています。

バンカーが非常に多く配置されているのが特徴であり、グリーン周りに多いのは勿論のこと、フェアウェイから多く登場するので、砂に捕まることも珍しくありません。

さらにフェアウェイ近くにバンカーがあり、グリーン手前で角度が変わる7番ミドル、距離が長く緩やかに角度が変わる11番ミドル、川越えスタートでありバンカーも多い13番ショートホールは難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ