軽井沢プリンスホテルゴルフコースは全9ホールで営業を行っている

1966年、長野県北佐久郡軽井沢町に開場したゴルフ場が、軽井沢プリンスホテルゴルフコースです。
会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しているので、ビジターの方でも訪れやすくなっています。
9ホール体制で営業を行っているので、18ホールのプレーを行う場合は二度回る必要があるゴルフ場です。

セルフプレーが基本ですが、コースの状態や天気が良ければゴルフカーを使ってフェアウェイまで乗り入れることが可能であり、快適にプレーすることが出来ます。

軽井沢プリンスホテルゴルフコースの9ホールで使用するティーはレギュラーティーのみであり、距離は2219ヤードヤードと長くはありません。
標高9メートルに位置している林間コースであり、豊富に残っている唐松で各ホールは仕切られています。

林間コースの多くがそうであるように、フラットに仕上がっているので高低差で悩まされることは殆どありません。

フェアウェイは狭めですが、概ね真っ直ぐ作られているのでティーショットの方向で躓くことは少なめです。

グリーン手前より左に曲がっていく2番ミドル、ティーグラウンドとフェアウェイが離れており大きく左に曲がる7番ミドルホールは打数が嵩むことも珍しくありません。

バンカーの数は少なめであり、砂に捕まることは少なめですが、8番ショートホールのティーグラウンド前には巨大なバンカーがあります。
半数以上のホールで大きな池が見られるので、特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ