軽井沢森泉ゴルフクラブはグランデイ軽井沢ゴルフクラブとなった

長野県北佐久郡御代田町で1995年より営業を行っているゴルフ場が、軽井沢森泉ゴルフクラブです。
2007年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、リゾートトラスト株式会社をスポンサーとする再建案が纏められています。
2007年の末に経営会社がリゾートトラストと合併しており、2008年のシーズンスタートと同時にグランデイ軽井沢ゴルフクラブと名前を変えました。

2010年から2012年にかけて女子プロトーナメント、リゾートトラストレディスの舞台としても使われた18ホールは大竹敏郎氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6847ヤードと長めです。

フェアウェイは広いものの、ラフの割合も多いので、フェアウェイから外れると大きく崩れることも珍しくありません。
全体的に真っ直ぐレイアウトされており、角度を変えるホールもありますが、曲がり方は緩やかです。

右に向かって緩やかに曲がる8番ロング、15番ミドルホールは躓きやすいポイントとなっています。

バンカーはグリーン周りにはあまり配置されていませんが、フェアウェイに多く見られ、ティーショットで打ち込む可能性は高めです。

このゴルフ場を代表する障害物は池とクリークと呼ばれる小川であり、フェアウェイを横切るようにクリークが配置されている3番ロング、フェアウェイの左手一帯が池である4番ミドル、グリーンの右手に大きな池がある13番ミドル、池越えスタートの16番ショートホールは注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ