36ホールを持ち、名門ゴルフ場として運営されている戸塚カントリー倶楽部

1961年、神奈川県横浜市に開場したゴルフ場が、戸塚カントリー倶楽部です。
プロトーナメントが多く開催されている名門ゴルフ場であり、会員を通さないと予約することが出来ません。
2コース、計36ホールを所有しており、1961年の開場時からあるのが間野貞吉氏が設計を担当した東コースです。

バックティーからの距離は6749ヤードと距離も十分にあり、丘陵地帯に展開されていますが打ち上げや打ち下ろしはあまりありません。
フェアウェイは広く設定されており、途中で角度が変わることの少ないオーソドックスな構成です。

距離が長くフェアウェイが途中で細くなる5番ロング、池越えスタートの6番ショート、緩やかに左に曲がっていく10番ミドルホールは打数が嵩むことも珍しくありません。

1962年に完成した西コースは井上誠一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離が7168ヤードと長距離コースです。
フェアウェイの幅は広いものの、高低差が残っており、途中で角度が変わることもあるテクニカルな構成が特徴となっています。

好スコアを狙うなら遠くに飛ばす技術が必須であり、更にコントロール技術、戦略性も必要です。

緩い打ち上げで構成されておりバンカーが多い7番ロング、グリーン周りに多くのバンカーが配置されている8番ショート、距離が長く途中から大きく左に曲がる13番ロング、木々に挟まれている箇所でフェアウェイが狭くなる15番ミドルホールは難度が高く、特に注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ