27ホールを持ち、吉野川と淡路島を望むことが出来る御所カントリークラブ

徳島県板野郡上板町で1975年より営業を行っているゴルフ場が、御所カントリークラブです。
高台に位置しているので、南には吉野川を、東には淡路島を望むことが可能であり、景観の良さが売りの一つとなっています。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴であり、各コースは山岳地帯に展開されていますが、高低差は上手く隠されており、打ち上げや打ち下ろしは少なめです。

松コースと呼ばれている9ホールは概ね真っ直ぐレイアウトされており、途中で角度が変わるドッグレッグはあまりありません。
その為、打ち出しの方向で困ることは少なめですが、大きく右に曲がっていく6番ロングホールはグリーンを確認することが困難であり、難度は高めです。

池は全く配置されていませんが、バンカーはグリーン周りに多く、アプローチショットで躓くことも珍しくありません。

竹コースと呼ばれている9ホールは最も長く、角度が変わることも少ないので、豪快なドライバーショットを楽しみたいというプレーヤーの方に向いています。

池は一個もなく、グリーン周りを除けばバンカーもあまり配置されていないので、障害物が原因でスコアが崩れることはあまりありません。

梅コースと呼ばれている9ホールは最も短く、ドッグレッグに加えて谷越えが多く、変化に富んだ構成です。

途中から右に曲がっていく2番ロング、谷越えスタートの後で緩やかに左に曲がる5番ロングホールは特に注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ