光丘カントリー倶楽部は交通の便が良く、18ホールの距離は短め

大阪府富田林市で1976年より営業を行っているゴルフ場が、光丘カントリー倶楽部です。
大阪府の南部に位置しており、大阪市方面からアクセスしやすいのは勿論のこと、奈良や和歌山方面からも容易にアクセスすることが出来ます。
光丘カントリー倶楽部の18ホールはバックティーからの距離が5950ヤードと長くはありませんが、女性ゴルファー、ジュニアゴルファーでも技術によっては好スコアを狙うことが可能です。

丘陵地帯に展開されている18ホールはフラットに仕上がっており、高低差に悩まされることは殆どありません。
フェアウェイは広く設定されており、アウトコースでは途中で角度を変えるドッグレッグも少なめです。

インコースはドッグレッグを採用しているホールがあり、変化に富んだ構成ですが、グリーンを確認出来ない程に曲がることはありません。

真っ直ぐ作られているものの光丘カントリー倶楽部の中で最長の8番ロング、丘陵地帯では定番の谷越えで始まる11番ショート、グリーンの手前で右に曲がっていく14番ミドルホールは躓きやすいポイントです。

バンカーの数は平均的ですが、ティーショットが落ちそうな地点にサイドバンカーが配置されており、1番ミドル、10番ミドルホールは特に注意する必要があります。

池はあまり配置されていないものの、フェアウェイの中央に小さな池がある7番ミドル、池越えスタートでありティーグラウンドからフェアウェイまで離れている15番ミドルホールは難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ