パブリック制を採用しており、距離も十分にある厚狭ゴルフ倶楽部

1993年、山口県山陽小野田市に開場したゴルフ場が厚狭ゴルフ倶楽部です。
会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しているのが特徴であり、ビジターの方でも訪れやすくなっています。
セルフプレーだけでなくキャディ付きのプレーも行うことが可能であり、本格的なプレーにも対応しているゴルフ場です。

厚狭ゴルフ倶楽部の18ホールは大橋貞吉氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6850ヤードと距離も十分にあります。
丘陵地帯に展開されていますが、高低差は殆どないので打ちやすく、初心者の方から上級者の方まで楽しむことが可能な構成です。

フェアウェイは広く設定されており、途中で角度が変わるドッグレッグはあるものの、曲がり方はさほどでもありません。

ティーショットから積極的に攻めていくことが可能ですが、ボールを大きく曲げるとOBを記録することがあり、注意が必要です。

右に緩やかに曲がっていく6番ロング、中間地点から右に曲がっていく18番ロングホールはティーグラウンドからグリーンを確認することが難しく、打ち出しの方向で困ることも珍しくありません。

バンカーはグリーン周りを中心に多く配置されており、ティーショットで砂に捕まる可能性が高い9番ミドル、12番ミドルホールは難所です。

池はコース内に4個と多くはありませんが、どれも大きく、アプローチショットが池越えとなる5番ミドル、13番ミドル、巨大な池を越えてスタートする11番ショートホールは躓きやすいポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ