西条コースと八本松コースがある広島カンツリー倶楽部

広島県東広島市で1955年より営業を行っているゴルフ場が、広島カンツリー倶楽部です。
2コース、計36ホールを所有しており、1955年に開場した西条コースは広島県内で3番目に作られたゴルフ場となっています。
西条コースの18ホールはバックティーからの距離が6683ヤードと平均以上であり、アウトコースは丸毛信勝氏が設計を担当し、インコースは上田治氏が設計を担当しました。

広島オープンゴルフを始めとして多数のプロトーナメントが開催されたゴルフ場であり、丘陵地帯に展開されていますが、木々が多く林間コースの特徴を併せ持っています。

松林により各ホールは仕切られているのでOBを記録することは少なく、フェアウェイも広いので思い切って攻めていくことが可能です。

距離が長く緩やかに右に曲がる2番ロング、フェアウェイが途中で途切れている10番ロングホールは打数が嵩むことも珍しくありません。
後から作られたのが1963年に開場した八本松コースであり、広島県内で8番目に作られたゴルフ場となっています。

こちらの18ホールは上田治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7035ヤードと長めです。
こちらも日本女子オープンゴルフ選手権競技を始めとして多くのプロトーナメントが開催されており高い評価を受けています。

全体的にミドルホールは長く作られており、バンカーがグリーン周りに多い9番ミドル、ティーグラウンドとフェアウェイが離れている17番ミドルホールが難所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ