2012年に広島安佐ゴルフクラブと名前が変わった広島中央ゴルフクラブ

広島県広島市で1971年より営業を行っているゴルフ場が、広島中央ゴルフクラブです。
2009年に経営会社が会社更生法の適用を申請しており、2010年にはアコーディア・ゴルフをスポンサーとする再建案が認可されています。
2011年にはアコーディア・ゴルフの傘下に入り、2012年の4月より広島安佐ゴルフクラブと名前を変えました。

広島安佐ゴルフクラブの18ホールは出島三郎氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブルーティーからの距離は6398ヤードと短めです。
丘陵地帯に展開されていますが、高低差はあまりなく、フラットに近い感覚で打つことが出来ます。

フェアウェイはさほど広くはなく、またラフの割合が多いので、一度フェアウェイから外れるとスコアが大きく崩れることも珍しくありません。

途中で角度が変わるドッグレッグは多いものの、大きく角度が変わることは少なく、グリーンの位置を確認してから打ち出すことが可能です。
しかし17番ロングホールだけはグリーンまでに角度が二度変わるので難度が高く、躓きやすいポイントとなっています。

バンカーは非常に多く配置されており、フェアウェイにも多く見られるのでティーショットで砂に捕まる可能性は高く、バンカーをどれだけ避けられるかがスコアメイクの上で重要です。

池の数は少なめですが、要所に配置されており、グリーンの手前に池がありアプローチショットが池越えとなる可能性が高い3番ロング、池越えスタートの5番ロングホールは注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ