広陵カントリークラブは27ホールを持ち、プロトーナメント開催実績もある

栃木県鹿沼市で1975年より営業を行っているゴルフ場が広陵カントリークラブです。
過去にはプロトーナメントも開催されている評価の高いゴルフ場であり、9ホール構成の3コースを所有しています。
各コースは間野貞吉氏、加藤俊輔氏が設計を担当しており、丘陵地帯に展開されていますが高低差は少なく、木々が多いことが特徴です。

北コースと呼ばれている9ホールは概ね真っ直ぐレイアウトされており、途中で角度を変えるドッグレッグは少なめとなっています。

フェアウェイは広く設定されており、ティーショットから積極的に攻めていくことが出来ますが、途中から大きく右に曲がる5番ロングホールは注意が必要です。

池は少ないものの、バンカーは非常に多く、フェアウェイから登場するので砂に捕まることも珍しくありません。

南コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いものの、フェアウェイの角度が変わることが多く、飛距離に加えてテクニックも求められます。
障害物も多く、ティーショットが落ちそうな地点に配置されているサイドバンカーと池をどれだけ避けられるかが鍵です。

東コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短く、途中で大きく角度が変わることはありません。
バンカーの数もさほどではありませんが、大きな池が多いので、プレーヤーにプレッシャーがかかりやすい構成です。

グリーンの左手一帯が池である3番ミドル、池越えスタートの4番ショート、9番ショートホールには注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ